【ギャンブル依存】スロットを辞めて改善された4つの悩み

こんにちは、元ギャンブル依存のゆうぞうです。

私はパチンコ・スロットから離れたことでこれまで抱えていた悩みが解消されました。
今回は悩みの改善で日常生活にどんな変化があったかお話したいと思います。

パチンコ、スロットが原因の悩み

私が過去に悩んでいたことは主に次の4つです。

  • スロットをする時間を確保するために恋人や家族など大切な人に嘘をついてしまう。
  • 周りと大きく異なる金銭感覚
  • 腰痛と肩こり
  • 1日を無駄に消耗していることへの焦燥感

 

もしかしたらギャンブル依存で悩んでいる方の中にも私と同じようなことで悩んでいる方がいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも安心してください。
ギャンブル依存を克服することは難しいですが、克服することで上記の悩みは徐々に解決していくはずです。

嘘をつかなくなった

私にとってこれが一番嬉しいことでした。

私は基本的に真面目な性格だと思っています。嘘だって普段は全くつきません。むしろ必要以上に本音を言い過ぎるくらいです。

しかしパチンコ・スロットをしている時間は自分にとって嘘まみれの時間。

パチンコ屋に行く為に嘘をつき、ホールにいる時に電話やメールがくれば矛盾が無いように嘘で固める。

「まだ仕事だから・・・」
「会社の飲み会があるから・・・」
「休日出勤だから・・・」

平日は遅い時間まで帰らず、休日は仕事だと彼女を残してホールに行く。
頭では「こんなことしてちゃダメだ」「最低人間だ」と自分に憤りを覚えます。

でも体が勝手に動くんです。行かないほうが自分の為、周りの為になることは明白ですが、パチンコ屋に行けないとなんだか落ち着かないしホールの状況が気になって仕方がなくなるんです。

行きたくないけど、行ってしまう。

この矛盾はずっと悩みの種でした。本当にストレスになります。

 

しかし現在は必要以上に嘘をつく必要がありません。

嘘をつく自分を嫌いになることもないし、何よりも妻の目をみてちゃんと会話が出来ます。

嘘で人を傷つけることもなくなりました。

ほんとうに私生活が大きく変わったなと実感しています。

周りと大きく異なる金銭感覚、使い方が堅実になった

友人と飲みに行くと割り勘しますよね?

大学生時代のことになりますが、会計になって
幹事が「じゃあ、一人4000円で!」となった時、
「えっ、4000円でいいの?」とか「今日勝ったから俺1万でいいよ!あと皆んなで割って」とか調子に乗ってついつい言ってしまっていました。

一体何様なんでしょうかね。

タイムスリップできるなら今すぐグーパンです。

 

それからスロットをしていた頃は財布に少なくとも4万円はないと不安でした。機種にもよりますがだいたい4万円くらいあれば朝一からでも天井をカバーできるかなと考えていたからです。

ゆうぞう

ゆうぞう
オハ天考えてるあたりのギャンブル脳が今考えると恐ろしい。

しかし今の私の財布は諭吉4枚から野口4枚に変わりました。いやむしろ4千円以下の方が多い状況です。

大抵1日千円も使わないので、小銭と保険用でクレジットカードがあればなんの心配もありません。

肩こりと腰痛が楽になった

大学生時代は1日平均10時間くらいパチ屋の椅子に座っていたと思います。

1日中椅子に座ってコインを入れてレバーを叩くだけ。本当に肩と腰にきます。

スロットを長時間打たれる方は肩こりや腰痛になる方が多いのですが、スロットから離れるとすごく実感します。

仕事のデスクワーク中もそうですが、私が一番実感している点は朝起きるとき楽に起き上がれるようになったことです。

1日を無駄に消耗していることへの焦燥感

これも嘘と同様かなり矛盾しているんですが、本当にそう感じるんです。

初めの内は本当に楽しくてパチ屋に行くんですが、慣れてくるとそれが義務感に変わりました。

義務感というのもおかしいのですが、パチ屋に行くのはお金を稼ぐ為、仕事だからと本気で思っていました。

今考えれば勝手に自分の中で正当化しているだけなのですが・・・。

「行きたい」から「行かなければならない」に変わるとスロット・パチンコがつまらなくなります。

「打ちたくない」のに「打たなければならない」お金を稼ぐために。

遊戯中はあっという間に何時間も経過します。3時間、4時間程度ならホントすぐです。朝からいて気付けば夕方になっていることもよくあります。

こんな日々を繰り返していたのでだんだん遊戯していることに焦燥感を覚え始めました。

人生において大切な20代の大半をギャンブルで消耗している。人との係わりもほぼなければ自分にとって何も成長が無い時間。

こんな思いが頭を巡りながらもただひたすらレバーを叩くのです。

しかも多くの時間を費やした結果、年間収支がマイナスだったり、大してプラスになっていなかったりするのです。

この気持ちや事実に気付きながらも中々辞めることが出来ないのは本当につらかったですね。

今は自分の本業に時間を存分に費やすことも出来ていますし、こうやってブログに時間を使うことが出来ます。もちろん家族との時間だって確保出来ます。

さいごに

スロットを辞めることができ、私の日常は大きく変わりました。

  • 嘘をつかない
  • 自分が本当にしたいことに時間を割ける
  • まともな金銭感覚
  • 体調が良い

ここまで辿り付くまで紆余曲折もあって苦労や周りに迷惑もたくさんかけました。

20代で無駄遣いした時間とお金は戻りませんが、これから挽回します。奮闘中です。

同じような悩みで苦しんでいる方には是非、
パチンコ・スロットから離れることで日常生活が良い方向に大きく変わることを実感をしていただけたら私も大変うれしいです。

私もいつ再発するかまだまだ分かりません。今の状況を一所懸命に頑張りたいと思います。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パチスロとブログには共通点があった。ギャンブル克服にブログを始めてみてはどうか。